女医

きちんと治したい

足

足の指の間や裏の皮膚に水泡などができる皮膚病のことを水虫といいます。菌によるものなので、つねに足をきれいにしておくことが予防のひとつになっています。患部を乾燥させておくこと、薬を塗ることも必要ですが、それらを根気強く続けるということもきちんと治すためには重要になります。

View Detail

医療機関の治療で改善

足裏

東京でも足のトラブルに悩む人は多いですが、巻き爪も痛みも伴い、つらい症状のひとつです。改善策としては自宅での爪のケア、専門の器具による改善などもありますし、難しい場合は皮膚科などの医療機関で治療を行うことも有効です。

View Detail

状況を把握して治療

お尻

切らずに治せる

体に不要なものができた時、それを切除する場合があります。この場合はメスを使った手術が必要になり、入院などが必要なこともあります。痔にはいくつかの症状があり、痔の症状の中でも最も多いのがいぼタイプです。排便の時にいぼが出るなどの場合にはその状態の可能性があります。かつては、解消するためには手術をして切る必要がありました。入院が必要であったり、術後に痛みが残ることもありました。病院によっては、もっと簡単な方法で治療してもらえる場合があります。それは注射をして行う治療です。いぼの部分に注射をすると、そのいぼが退縮していきます。そしていぼ自体が無くなります。それ以降痛みであったり、出血などもなく、処置後の生活も楽になります。

痛みがあるかないか

病気の中には、症状が進まないと気が付かないものもあります。そのために治療が遅れることもあります。健康診断などで見つけないといけない場合もあります。痔の症状として最も多いのは出血でしょう。排便時に便に血液が付く、紙に血液が付くなどしてわかることになります。痔の症状では、その他には痛みもあります。ただ出血をするだけの場合、それ以外の病気が原因のこともあります。痛みが伴う、鮮血が出るなどだと、肛門近くからの出血と判断できます。痛みがあるときは、比較的肛門から近いところにいぼができています。一方、痛みがない時は奥の方にできている場合があります。出方によって対応が変わるので、何か怪しい状態があれば、どれに当てはまるか確認するとよいでしょう。

健康な素肌のために

病院

虫刺されやニキビ、そして薬疹なども含め、皮膚科は肌の治療を幅広く行ってくれる身近な診療科目です。また、もしも城東区で肌を患っている場合でも、同エリアには数多くの皮膚科がありますから、適切な通院先を選べます。

View Detail