医療機関の治療で改善|辛い症状が起こってしまう前に治療を|痔は早めに治療するのがいい
病院

医療機関の治療で改善

足裏

予防法を知る

足のトラブルで悩む人は東京でも多いですが、特につらい症状のひとつに巻き爪があります。これは足の爪の両側が内側に湾曲した状態で見た目を悪くしてしまうことはもちろん、爪が皮膚に食い込むので痛みも発生します。靴や靴下を履いたときに痛みを感じる場合もあれば、常に痛みが伴うなどその症状にも個人差があります。東京でも多くの人が悩む巻き爪ですが、予防するためには、まず爪を切りすぎないことも大切ですし、女性の場合は先の補細いおしゃれな靴を選ぶことも多いですが、こうした先の細い靴も足を圧迫し、巻き爪を悪化させてしまうことがあります。さらに爪水虫がある場合も爪の変形を起こしやすくしますので、清潔を保ち、治療もきちんと行っておきたいところです。

医療機関に相談

東京で巻き爪を改善させる方法としては、まず自宅での爪のケアを丁寧に行うこと、さらに巻き爪解消に役立つグッズも販売されていますので、こちらも活用してみてはいかがでしょうか。自己流の努力で改善できない場合は医療機関への相談も考えてみましょう。東京では皮膚科や美容皮膚科、整形外科などで治療に対応していますので、まずは診察を行い、それぞれに最適な治療方法を選んでいきましょう。ワイヤーなどを使って矯正する方法もあれば、時には手術で対応していくこともあります。そして治療を行うことでより早く悩みを解消することもできますが、痛みが強いと続けるのは難しくなってしまいますので、痛みが少ない治療方法であるかもよく確認しておきましょう。